高圧洗浄機の間違いの無い選び方と比較 高圧洗浄機はスゴイ水圧で汚れを落としてくれます。ケルヒャー・リョービ・東芝の高圧洗浄機を比較します。仕上がりとラクチンさを知れば高圧洗浄機を手放すことができませんよ^^

カテゴリ別アーカイブ
最近の記事
ケルヒャーの高圧洗浄…
高圧洗浄機の間違いな…
高圧洗浄機のスゴすぎ…
プライバシーポリシー

ケルヒャーの高圧洗浄機も間違いない選び方

私はケルヒャー高圧洗浄機を使い主に掃除をしています。
ベランダや子供の靴、駐車場、家の窓・網戸など色々な所を洗浄しています。
高圧洗浄機でベランダでコケを落とすくらいなら、洗浄剤はいりませんよ^^

色々なグレードがあるのですが、吐出圧力の調整やノズルからの水の噴射角(扇形)の調整が出来るものが便利です。
ケルヒャーの高圧洗浄機を選ぶ際の具体的なポイントですが、

・ケルヒャーの高圧洗浄機からノズルガンまでのホースの長さ。(5mでは短いかもです。)

・水道の蛇口からケルヒャーの高圧洗浄機までのホースがあるか?なければ別途購入しないといけません。

・ケルヒャーの高圧洗浄機の電源コードの長さ。コンセントまでの距離が足りないのなら、延長コードが必要ですね。
10mあれば充分だと思います。

・ケルヒャーの高圧洗浄機のグレードが低いとオプションが使えないので、使いたいオプションが使用できるグレードを確認する。

・自吸い機能はあった方が便利で水道代の節約もできます。

・野外で利用するなら、タイヤが付いているタイプをオススメします。取り回しが断然違います!


ケルヒャーの高圧洗浄機を購入する際は、通販が安ければ通販で購入してもいいのですが、あらかじめホームセンター等で、気になるケルヒャーの高圧洗浄機の実物を確認することをオススメします。

オプションも一緒に確認できます。

実物を見た方が、実際に使用するシーンをイメージしやすいですよ^^

ケルヒャーの高圧洗浄機は、大量に水を使用するイメージがあるかもしれませんが、水量を少なくして水圧を強めていますので、水漏れの心配はありません。



高圧洗浄機の選び方 | 投稿者 高圧洗浄機

高圧洗浄機の間違いない選び方

高圧洗浄機は、水圧で頑固な汚れを落とす掃除アイテムです。
しかし、高圧洗浄機といっても、業務用から家庭用まで、大きさはさまざまですし、メーカーによっても全然性能が違います。

私の意見ですが、高圧洗浄機は、業者に掃除を頼むよりは断然安く経済的ですが、使用する場所によっては購入する高圧洗浄機のタイプを間違えないようにした方がいいと思います。

個人宅であれば、家庭用で構いませんが、家庭用の中にも、更に色々なタイプがあります。
また、メーカーによっても、家庭用とは言え、水圧の違いや、高圧洗浄機の大きさも異なります。

参考までに、ケルヒャーの高圧洗浄機は、コンパクトに作られているため、家庭用としては、場所をそれほどとらずに収納できるかと思います。
しかし、価格を重視するならば、リョービかと思います。

また、ネットなどを見ていますと、東芝の高圧洗浄機は、さまざまなものがセットで比較的お安く売られていますので、東芝の高圧洗浄機も注目です。

私自身、全部の高圧洗浄機を使用したわけではありませんので、どこのメーカーのどれが良いとは比較できませんが、各メーカーによって、各々の特徴があり、価格もさまざまなので、購入する際に、どんな用途《どこを掃除するのか》で、何を重視するか《コンパクトさや価格・性能などなど》といった面で注目してみるのがいいかと思います。


高圧洗浄機の選び方 | 投稿者 高圧洗浄機

高圧洗浄機のスゴすぎる威力!

高圧洗浄機とは、水だけの圧力で頑固な汚れを落とす掃除用具です。
家の外壁や屋根、シャッターなど、さまざまな場所の洗浄に最適な掃除用具です。

以前は業務用がメンイでしたが、最近では家庭用も多く出てきており、ホームセンターなどでも簡単に手に入るようになりました。
年末の大掃除には、とても大活躍するアイテムです!

最近は、黄砂が飛んできていたり、花粉が舞っていたりと、汚れの原因となるものがたくさんあります。
屋根や、外壁やシャッターなどは、特になかなか掃除に手が回らない場所で、年に一度出来れば良い方かもしれません。

また、湿気の多い土地では、カビやコケが生えているお家もあることでしょう。
そんな時に、高圧洗浄機で掃除をすれば、家もピカピカ、気分もスッキリです^^

業者に頼むより経済的に安く済みます。
業者で頼むと、個人でするよりは、プロですから、とても綺麗になるとは思いますが、金銭的には高圧洗浄機の方が断然お安くお掃除できます。

そういった面でも高圧洗浄機はオススメするアイテムです。

高圧洗浄機を売っているメーカーは、ケルヒャーリョービ東芝などがあります。
メーカーによって、水の出る勢い(吐出圧力)、水の出る量(吐出水量)が変わってきます。
また様々なオプションがあるメーカーもありますので、使用用途にあった高圧洗浄機を選べば良いと思います。


高圧洗浄機の選び方 | 投稿者 高圧洗浄機
ホビダス[趣味の総合サイト]